事業場外みなし労働時間制と残業代請求

事業場外みなし労働時間制で働いている人は残業代請求ができないことも多いです。

主に事業場の外で仕事をしている営業担当者などに当てはまることが多い労働制度で、その人が現に何時間仕事をしたのかにかかわらず決められたみなし時間だけ働いたものとして取り扱われるという制度だからです。例えばみなし時間が8時間とされている場合、現に10時間とか12時間働いたのであっても関係はありません。

8時間だけ仕事をしたものとして給料が計算されることになります。余分に仕事をした2時間とか4時間分の残業代を請求することはできません。これでは事業場外みなし労働時間制は一方的に労働者に不利な制度のように思えてしまうかもしれませんが、そのようなことにはならないように歯止めがかけられています。

例えばみなし時間は8時間というようにその会社の所定労働時間と同じにされていることが多いでしょうが、これは必須ではありません。みなし時間を何時間にするのかは労働者側との合意が必要です。労働者側としてその仕事は通常1日8時間では終わらない、10時間かかるのが通常だということであれば、会社側と交渉してみなし時間を10時間とすることができますし、そうすることが適切です。

みなし時間を10時間とした場合には、事業場外みなし労働時間制であっても1日8時間を超える部分の2時間分については残業代を請求することが可能になります。もちろんこの場合でも10時間を超えて働いた分を追加請求することはできません。

事業場外みなし労働時間の残業代請求についてはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です